恒星塵

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ベストヒットUSA

Breakaway
Kelly Clarkson
2005
BMGファンハウス


最近「ベストヒットUSA」を見ている時に、Kelly Clarksonの"Because Of You"が流れると、つい新聞を読むのをやめて顔を上げて一緒に歌ってしまう。

びーこーずおぶゆー!
あいねば・なんちゃらかんちゃら・さいどうぉーく♪
びーこーずおぶゆー!
あい・ほんにゃらほにゃららほにゃほにゃ・そーあいどんげっとはーと♪
びーこーずおぶゆー!

最初は全然興味が無かったのに半年くらいずっと上位に入っているので耳タコを通り越して、今では洗脳されかけとる・・・。米国の木村カエラといった感じの一緒に歌える歌謡ロックです。自分が車を運転する人なら毎日歌ってるな。収録アルバムも発売から1年経ってるみたいだしレンタルに置いてあったら借りてみるかな。適当に歌っているところの歌詞も知りたいしw


ベストヒットUSAは80年代の懐かし映像と小林克也のウンチクだけが目当てで見ていて、この番組でベスト20に入るような現代の曲にはまったく期待して無いのですが、今週ピックアップされていたTristan Prettymanという女性アーティストは「なんでプリティウーマンじゃねーんだ」というツッコミはさておき「Frente meets Jack Johnson」といった風情のシングル曲が良い感じでした。
スポンサーサイト
  1. 2006/02/27(月) 07:19:00|
  2. 音楽関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヘッポコシューター日記

最近は週2くらいのペースで虫姫さまを攻略中。

iPodをシャッフルしながらプレイしているのだけど、今日は集中力がMAXの時にスネークマンショーの「警察だ」が流れて思わず脱力。

現状はマニアックの4面。
スコアだと1600~2000万点くらい。
マニアックに移ってから手こずってますが、クリアだけなら一筋の光は見えてきたような気がします。

とは言っても、1~2面はノーミスで安定してきたけど、3面が安定しません。
一度死ぬと連鎖で死ぬ病が治らないんだよね。
集中力がMAXになった時は覚醒したように余裕を持って避けられるんだけどなかなか続かんわ。
これが三十路シューターの悲哀ってヤツですか。
還暦を過ぎても、達人王を軽く1周出来るようなゲーセンジジイになりたいものですが・・・。
  1. 2006/02/22(水) 00:08:00|
  2. テレビゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BMX Bandits@渋谷O-Nest,19 FEB 2006

日曜日はスコットランドからやって来たBMX Banditsのライブを観てきました。

初めて生で見たのですが、なんだかとっても家庭的でハートフルでドリーミンなライブを自然体のようにやるバンドでした。まさに歌の国から来た人たちだなあと。

3分の2くらいしか曲を知らない俺でも十分に楽しめましたよ。

18時半開演で前座のバンド2組の演奏があって、20時半くらいからBMX Banditsのライブ、それで終わったのが22時半。さすがに満足満腹。


アノラックとか流行っていた当時の俺は、まだ高校生でカネも無く音楽はウォークマンで聴くだけで精一杯だったので、当時の現場の空気とかよく判らないんですが、ライブ会場には確かにボーダーTシャツを着た人が多かったデス。

この前観たMagic Numbersはフレアジーンズをはいた人が沢山いたし、やはり音楽とファッションは切り離せないものなんですねえ。

え?俺?
すいません。無造作に無印のシャツ着て行きました…orz
  1. 2006/02/21(火) 01:38:00|
  2. ライブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

虫姫さま

2004年にリリースされたゲームなので今さらなのですが、CAVEの縦シュー「虫姫さま」にハマっています。今は家庭用も出ているらしいですが俺はプレステ2持って無いのでアーケード版ね。

現在、10回ほどプレイしてとりあえずオリジナルがクリア出来るようになったところ。シューター歴が長い割にはヘッポコの俺が簡単にクリアできるくらいなのでオリジナルモードに限れば昨今の縦シューの中では格段に難度が低いゲームだと思いますね。少なくともCAVEではエスプガルーダを抜いて一番簡単なゲームかと。

シューティングとしての方向性は、達人、ヴィマナといった懐かしの東亜プラン系の縦シューを現代風、弾幕風にアレンジした感じで、懐かしくも面白いといった感じで俺的にはツボにハマりました。

マニアックとウルトラも試してみたのですが、ウルトラは画面中が弾だらけでちょっと無理っぽい。とりあえず次の目標はマニアックをクリア出来るようになること。

俺は弾幕シューティングをプレイする時にゲームの効果音(弾の音とか爆発音とかパワーアップ音)があると集中力が殺がれるので、密閉式のヘッドフォンで音楽を聴きながらプレイしています。家でプレイする時もそう。
なんかその方がテンション上がりませんか?無音で次々と破壊されていく敵を見ながら作業的に弾を避けて、酒とかタバコとかドラッグなんてイラネーよ!ここの切り返し避けの方がよっぽどトリップ出来るぜええ!とか思いながらプレイしてます。
まあそれでゲーム中にかける音楽も色々試したりしているのですが、集中する時はAphex Twinの"Ambient Works"が良い感じ。今度はBoards Of Canadaでも試してみるかな。
  1. 2006/02/17(金) 00:35:00|
  2. テレビゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウイスキーマガジン・ライブ!2006




日曜日にウイスキーの祭典「ウイスキーマガジン・ライブ!」に行ってきました。

ロケーションは去年に引き続き東京ビッグサイトで入場料が1000円値上がりして4000円。
醸造所の人を迎えてスピーチや質疑応答、試飲がセットになった各マスタークラスが3000円です。

毎年参加者が多くなってますが、今年は本当に人多すぎでした。
試飲スペースは人人人でごった返して、メーカーや蒸溜所の人とゆっくりと話せるような環境じゃなくなってしまったのは残念。数年前まではもっとのんびりしたイベントだったんだけどね。

参加したArran蒸溜所のマスタークラスでは、仕上げにシャトー・マルゴーの樽を使ったモルトなんていう話題性十分のウィスキーを試飲出来たりしたのですが、スピーチ自体はどこそこの賞を取ったとかどこかの評論家に評価されたとか自慢話ばかりで、現場の人間ならではの話といったものがあまり聞けず、今ひとつ面白みに欠けたのは応援している蒸溜所だけに残念。まあ、10周年を迎えたばかりの本当に新興の蒸溜所なのでようやくラインナップが形になってきてそれが評価されたのが嬉しいのは解るんだけど。

それでも試飲だけはしっかりとしてくるわけで、俺を毎年誘ってくるバーテンなどは職業意識の欠片もなく飲みまくってあっという間にヘベレケ。俺もスコッチの飲みすぎでまだ身体から干草とレーズンの匂いが取れません。

今週は肝臓を労わります。
  1. 2006/02/15(水) 22:55:00|
  2. その他雑文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ohana

ohana「Shake Your Hands」(iTunes Music Store)

オオヤユウスケ(元LaB LIFe、現Polaris)、永積タカシ(元スーパーバタードッグ、現ハナレグミ)、原田郁子(クラムボン)。普段からライブなどで交流が盛んな3人が組んだユニットohana。アルバムが3月に発売されてツアーもするらしい。

とりあえずiTMSで買ってみたこの曲は、オオヤのポップさ、永積のゆるさ、原田のセンスの良いマニアックさ、それぞれの持ち味がハーモニーしてなかなか良いんじゃないでしょうか。 気持ち良い曲です。

個人的には三組とも家でCDを聴くというよりはライブで体験してこそ楽しい人たちだと思うので、ohanaもCDは予習程度にしてライブを観に行きたいものですが、東京でのライブは…5月6日Zepp Tokyoですか。

GW最後の土曜日のゆりかもめに一人で乗りたくないなあ…www
  1. 2006/02/13(月) 01:00:00|
  2. 音楽関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

The Magic Numbers@代官山UNIT,7 FEB 2006

2006年初めてライブを観に行ってきました。

Magic Numbersはロンドンで結成された二組の兄妹による4人組。フレアのジーンズに男はヒゲ。ドラムの男を除いて3人がMS-09ドム体型というどこから見ても60年代ヒッピールッキンなキャラの立ったヴィジュアルで60-70年代の西海岸のロック/ポップと50年代の古き良きアメリカへの憧憬が合わさったようなギターポップミュージックをやっています。

客は少なかったけどライブは良かったです。
初めて実物を見たのですがマジックナンバーズの曲には本当に魔法がかかっていますね。出てくる音にすべて音楽の魔法がまぶされているようです。ハーモニーやギターのリフでいちいち鳥肌が立ちまくりでした。

アンコール無し一気の1時間20分。中盤少し退屈なところもありましたが、まだアルバム1枚のバンドですからね。序盤は良かったし、後半"Love's A Game""Love Me Like You"とシングル曲を連続したあたりからは必殺の展開でした。

しかし、初めてステージで見るヴォーカル/ギターのロメオとベース/ヴォーカルのミシェルのスタッダート兄妹は本当にデカかったなあ…。まさにドム。
  1. 2006/02/08(水) 22:27:00|
  2. ライブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近のアマゾン高くね?

音楽CDに限った話、高くなりましたよね?
価格で選んでRecofan、HMVへの回帰が顕著な今日この頃。
2004年までのアマゾンは確実に他店より安かったのになあ…。
  1. 2006/02/03(金) 06:37:00|
  2. 音楽関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サディスティックミカバンドが復活

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060130-00000005-dal-ent

サディスティックミカバンドが17年ぶりの復活。
今回のヴォーカルは木村カエラ。

つまりこれはアレですね。
カエラちゃんが「マダマダ産婆」とか歌うってことですね。

『お産婆さんのサンバ♪お産婆さんのサンバ♪』
『このままじゃ産まれる~よ♪』

ライブ観に行きてえ…。

とりあえず「タイムマシンにお願い」のシングルが出たら買います。

お父さんが英国人のカエラちゃんを選んだのはイギリスでもライブをやるのを見越してとかだったら、俄然盛り上がるんだけど、そこまで本腰じゃないですか。
  1. 2006/02/01(水) 05:03:00|
  2. 音楽関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

interstellar_dust

Author:interstellar_dust
宇宙の片隅アダチクに生息する生命体のスーダラ日記:D

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

レコメンド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。