恒星塵

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2006秋の新番組

今期はとにかく点数が多すぎ!
特にアニメは、ここ2年くらい不作が続いて、見るに耐えるものを探す方が難しかったんですけど、今期は新番組のレベルが高くてチェックが追いつきません。
ともかく「バーテンダー」が放送されたところで、ほとんどの新番組が出揃ったのでとりあえずのレビューです。

<ドラマ>
「相棒」鉄板の安定
「セーラー服と機関銃」長澤まさみのファンなら
「のだめカンタービレ」録画のみ未見
「鉄板少女アカネ」録画のみ未見

「相棒」は相変わらずの鉄板。DVD欲すい。
「セーラー服と機関銃」は長澤まさみの魅力を生かした理想的なアイドルドラマ。ヒロインの通う高校の名前が赤川学園だったり、ヒロインの住むマンションの部屋番号が8940(薬師丸)だったりと芸が細かいのも○。

<アニメ・特撮>
「N・H・Kにようこそ!」継続
「ちょこッとSister」継続

前期からの継続は2本。
「NHK」は史上初のノンストップひきこもりハードボイルド小説のアニメ化。ハードボイルドと言っても戦う相手は権力ではなく、自分自身の脳内妄想=NHK=日本ひきこもり協会というそんな話。
なんと言っても主人公の高校時代の後輩のイタさが最高。専門学校の同級生に「俺がお前らに本物のゲームというものを見せてやる!」と大見得を切って、家でしこしこと作っているのは同人のエロゲーというのがアイタタタ…。サイコウDEATH!

「ちょこシス」は話がどこに飛ぶのか予断を許さないジェットコースター萌えアニメ。唐突に登場した金髪ツインテールのテコ入れちゃんとか、ねこにゃんダンスを踊るだけの話とか何なんだよ。一歩先すら見えないグダグダの展開から目が離せません。


「RED GARDEN」今期一番
「コードギアス反逆のルルーシュ」意外や意外。面白い
「ライオン丸G」拾い物
「BLACK LAGOON」鉄板
「Kanon」原作に忠実+αな作画アニメ
「DEATH NOTE」安定
「Pumpkin Sissors」安定
「009-1」石ノ森絵の再現度高し
「武装錬金」作画レベル高い
「銀河鉄道物語~忘れられた時の惑星~」相変わらず熱い
「あさっての方向。」なかなか
「ときめきメモリアル」様子見
「バーテンダー」様子見
「人造人間キカイダー」録画のみ未見
「D.Gray-man」録画のみ未見
「ゴーストハント」録画のみ未見
×「くじびきアンバランス」本編切り。次回予告のみ
×「ギャラクシーエンジェる~ん」切り
×「銀色のオリンシス」切り

「RED GARDEN」は、80年代の少女漫画風の絵にアメドラ風の演出、感極まるとミュージカルになるという意味不明の作品。ストーリーも少女の連続自殺事件から始まるサスペンスかと思いきや、少女たちがモンスターと戦うB級アクションに、実は限定された状況下での少女たちの心の機微を楽しむアニメなの?と言った感じで捉えどころが無いのですが、読めない分だけ非常に先が楽しみです。

「コードギアス」はプロデューサーが種ガン、エウレカ、BLODD+の竹田菁滋ということでウンコ確定のはずだったのですが、意外や意外に面白いです。
ロボットアニメなのですが、基本的には横山光輝の超能力バトルの系譜を引き継ぐ作風。つまりスポ根アニメのような「友情・努力・勝利」とは無縁で、冴えない文系少年の現実逃避的な妄想を膨らますことに特化した作風。北アメリカ大陸が神聖ブリタニア帝国になっていて、日本の地下資源を狙って再占領すると言うツッコミどころが満載の設定もそれを後押し。
主人公の性格が、とても正義とは言えない「デスノート後」らしい設定なのもなかなか面白いと思いました。

マイナーヒーローモノのリメイク「ライオン丸」はネオ歌舞伎町のダメホストが変身して、街に跋扈する歌舞伎モノ(チーマーみたいなもん)を倒すと言う社会の底辺の人間同士が戦う前代未聞のバトルヒーローモノ。初回から飛ばしまくり。「傷だらけの天使」のOPをオマージュしておきながら主人公に「この前見たけど、あんまり面白くなかった」と言わせています。香港映画のようなアクション、サザエさん風の次回予告まで毎週楽しみなのですが、各話サブタイトルが「NEO歌舞伎町ライオン丸TRANSFORMED状態!」「タイガーJOE推参UNDERCOVER SAMURAI状態!」などナンバーガールの曲名風なところだけはセンスが無いな…。

「ブラクラ」は第2期なので細かい説明は割愛。サンデーGXに連載されているB級ガンアクションものです。安定して面白い。

「Kanon」は原作ファンなら間違いなくおすすめ。しかし、京アニの作るアニメの女の子は何で「目の下のラインに口がある」んでしょうか?作品内で統一されていれば問題無いのですが、男キャラは普通の骨格をしているだけに女の子が異生物にしか見えません!全然萌えないんだけど。

「デスノート」はマッドハウスの原作付きは安定の法則通りに高値安定。

「パンシザ」は月刊マガジン連載の漫画が原作ですか?少年漫画らしくストレートなキャラにテーマ。曲がったことが嫌いなヒロインが好感持てます。

「009-1」は石ノ森章太郎のマイナーマンガ「009ノ1」をヒロイン役に釈由美子を当ててアニメ化。自分は原作マンガはオッパイマシンガンしか覚えてないんですが、石ノ森絵の素晴らしい再現度に感動。肉感的な女性のボディラインが素敵です。釈ちゃんの演技は頑張っているけど、結構ボロも出まくりです。落ち着いたシーンだと特にツラいですね。

「武装錬金」は制作が個人的にあまり好感の持てないXEBECということで、地雷だと思っていたのですが、素晴らしい出来。絵は綺麗だしグリグリと動くし、スタッフの原作愛も感じます。XEBECの代表作になるんじゃないですか?

「銀河鉄道物語」はOP、EDテーマがささきいさおで無くなったのが残念。

「あさっての方向。」は登場キャラが全員ダメ人間という俺が好きなタイプの話。お兄さんラブの10才の妹は置いておいても、大人の登場人物が中学生レベルのダメ人間ばかり。生暖かく見守りたい。

「ときメモ」は実際のゲームのミニゲーム並によく分からん話。とりあえず学園内で最強なのはヒヨコらしい。

「バーテンダー」は「神のグラス」と称される天才バーテンダーが「あなたの心の隙間埋めます」と言った感じの話。「ちょっと良い話」だけにただの空気になりそうな気も。
スポンサーサイト
  1. 2006/10/19(木) 00:21:51|
  2. 映画/テレビ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

tvkふたたび

4月から見られなくなっていたtvkがいつの間にか復活してた。ラッキー♪

sakusakuの新MC中村優ちゃんは早くもムチャクチャ馴染んでますねえw


久々のMX・チバテレ・テレ玉・tvkの揃い踏み。
これでまた、週に4度も「水曜どうでしょう」が見られますw
  1. 2006/05/26(金) 01:41:21|
  2. 映画/テレビ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

寝ずの番

マキノ雅彦(津川雅彦)の初監督作品。

噺家の通夜を舞台に、故人を偲んで思い出話をしていたのがをエスカレートして、死体とカンカンを踊ったり、三味線を手に取り都都逸・春歌の歌合戦が始まったり。通夜と艶とを引っ掛けているのか繰り広げられるのは殆どが下の話。

不謹慎と言えば不謹慎なのですが、根っからの八方破れ、あっけらかんと言うよりは、どこか折り目の正しいもう一つの顔を感じるのは、上方文化、マキノ監督の育った京都ならではの粋といったところでしょうか。

爆笑するような映画では無いけれど、クスリと笑いながら、人生も芸事も人と人との歴史の積み重ねなのだということが感じられ、時折ホロリと来る、そんな映画でございましたよ。

初カントクと言う事もあってかテンポは良くない、話も丁寧にまとめすぎた感はありますが、そこを差し引いても悪くない映画かと。
  1. 2006/05/17(水) 22:15:13|
  2. 映画/テレビ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

吉田類の酒場放浪記

BS-iで放映している「吉田類の酒場放浪記」という番組が好きです。

チューハイ300円みたいな庶民的な大衆酒場を、吉田類と言うイラストレーターのオッチャンが紹介。店のオヤジや常連さんから話を聞きながら、酒を2~3杯、肴を2~3品頂いたら、あまり長居せずに小粋に勘定を済ませて次の店にハシゴ。

それだけのゆる~い番組なのですが、ナビゲーターの吉田類さんは、人の懐に入っていくのが本当に上手い人で、地元の常連さん率高め、そこはかとなく一見さんお断りオーラを放っているような気がする大衆酒場で、店のオヤジから話を聞き出す姿、常連のお客さんの輪の中に入っていく姿が恐ろしく自然体なのです。そして本当に嬉しそうに酒を呑む。←ここ好感度高いです。最後に店を出るときに俳句を一句ひねるお約束も◎。

大衆酒場にはそこの常連さんたちの醸し出す空気というものがあると思うので、紹介される店にわざわざ遠征して行こうとは思いまんせんが、見ているとついついテレビの前で一緒に酒を呑みたくなる、そんな味のある番組です。

自分がよく飲みに行く店だと、高田馬場の「鳥やす」が紹介されてますね。その回は見てないんですが。そういえば最近ご無沙汰だなあ。
  1. 2006/04/27(木) 00:27:24|
  2. 映画/テレビ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1~3月期のアニメ感想(プレイボールを追記)

今さらって感じですが、今日は酔っ払っているので、マイドキュメントに転がっていた過去のテキストファイルを再利用です。

◎アカギ
原作の空気を完全に再現して、それ以上のものを見せてくれました。
原作付きアニメとしては100点満点の出来。福本好き、麻雀好きなら是非見ておくべき作品。

○プレイボール2nd
「若い日はっ、みーなー」という主題歌を聞くだけで血が沸き立つ世代なので楽しみに見てました。
動きがイマイチだとか、野球っぽくないとか不満点もありましたが、キャッチャーの倉橋。彼のキャラが原作より大幅に掘り下げられたことによりドラマに原作とはまた違った深みが出ました。
倉橋みたいなヤツっているよね。生意気だけど憎めません。
楽しめました。

△ノエイン
未来からやって来た自分にヒロインを奪われそうになるという「セルフNTR(寝取られ)」というジャンルを開拓。ジャンル命名俺。
最初のうちは、しずかちゃんの如く毎回入浴シーンのある小学生ヒロインなど見どころ満載でしたが、パラレルワールドとか量子論とか手垢のついた素材が出てきてからはよく眠れましたzzZ
最新の量子論を取り入れましたとか、細かい部分で完成度にコダワルよりも、物語の構造で新しい切り口を見せて欲しかった。
悪くは無い作品だとは思うんだけど今一つ。

△Fate/stay night
第1クール見る限り、まあまあ。期待に大きく応えた訳でもないけど、大きな失望も無かったといったところ。戦闘シーンはショボイし、萌えの強調による腐臭も漂うのですが、そこは作りとして仕方のないところで我慢できる範囲。第2クールは継続で。

×しにがみのバラッド
「死」をテーマにしたオムニバス。
つっても今どきNHK教育でもやらないようなベタで何のひねりも無い子供だましのストーリー。ライトノベルが原作だし、まあこんなものでしょう。
しかし望月智充監督の女の子の尻や膝に焦点を当てたフェチ魂バリバリのカメラワークは相変わらずの職人芸。
正直そこしか見どころの無いアニメでした。


本日の一曲(YouTube)
Fine Young Cannibals - She Drives me Crazy
ホンダ・シビックフェリオのCMでお馴染み。1990年のナンバー1ヒットです。
それにしてもこのバンド、すっかり名前を忘れ去られてますね。検索してもあまり情報が得られないし、日本だと曲だけが覚えられていて「あー。この曲歌っていた人たちね」というそんな感じなんでしょうか。
この曲を聴いて懐かしいと思ったらアルバムを買っても損しないバンドだと思いますが。
  1. 2006/04/24(月) 00:04:57|
  2. 映画/テレビ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

interstellar_dust

Author:interstellar_dust
宇宙の片隅アダチクに生息する生命体のスーダラ日記:D

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

レコメンド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。